NismoR35GT-RにPWRラジエターとミッションオイルクーラー取付

r35
nismoR35GT-R 2018年モデルで富士スピードウエイを走行しています。トランスミッションの油温が3周回程度で限界値を超えてフエールセーフモードに成るそうです。エンジン水温も100度を超えるようです。トランスミッションには水冷式のオイルクーラーが備わっているのですがエンジン用の冷却水を循環させているのでエンジン水温が高く成ることでトランスミッションオイル油温も高く成るのです。HKS製DCTオイルクーラーを新規に取付ると同時にラジエターをPWR製ラジエターに交換する事を提案しました。

r35a
nismoR35GT-R用のDCTオイルクーラーは販売されていない為、工夫を施して取付します。エアー導入の穴開けにはカーボンとケプラー補強されている為、多くの時間を要しました。仕上がりも完璧です。

r35b
バンパーを外してラジエターをPWR製ラジエターに交換。冷却水にはケミテック製冷却水を採用。冷却水は5年毎に交換を推奨。DCTオイルクーラーは実績のあるHKS製を採用しました。

r35c
HKS製DCTオイルクーラーと油圧ホースの取り回しも奇麗です。取付後の走行結果が楽しみです。

↑top