エンジン純正ECUセッティング調整

sako
オールペイントを始めエンジン及び駆動系も全ての整備を行ったBCNR33GTRです。

sakob
エンジンはHKS2.8L仕様にチューニングを行いました。フエールポンプはサード製296l/hと6ホール850ccインジェクター 燃圧はサード製レギュレターを用いて4.0kpaに高めて霧化を向上させています。
燃圧を高める事で冷暖気時の始動性が改善し、アイドリング時の排気臭が大幅に軽減します。

sakoc
エンジンは慣らし走行が200キロです。納車前のECUをセッティング調整しました。実用的な全域性能を実現する事ができました。
パワー 469.8ps/7000rpm 
トルク  54.1kg/m/5867rpm
ブースト 1.36kpa/7000rpm
(ダイナパックシャーシダイナモ測定)

↑top