R33GTRリフレッシュ整備

r33
エンジン関係から整備を行なう予定でしたが整備状態が悪すぎるので、エンジンを降ろしての作業が良いと判断しました。

r33b
エンジンを降ろしました。エンジンルーム内の不要とする部品は取り外しました。エンジンルームは洗浄します。

r33c
エンジンは単体作業となるので整備もしやすくなりました。

r33d
エンジンを降ろす事になった原因はタービンを冷却する為の配管等の全てを撤去してあったのです。タービンを冷却する様に配管を純正状態に戻すにはタービンを分解の必要があるのです。

↑top